メンタルセックスコーチ 香月ゆうか のブログ

ココロとカラダで感じる 満たされるセックスのススメ

性交痛があって、セックスが苦痛なの・・という方へ

こんにちは。


メンタルセックスコーチ
香月ゆうかです。



皆さんは、セックスの時に困っていることはありますか?


今日は、性交痛について。



コンドームのメーカー「オカモト」のアンケート調査によると、
セックスの時に性交痛を感じている女性は約70%もいるそう!!!!



そこで、濡れにくい、性交痛を和らげるために、
潤滑ゼリーというものがあります。
(ローションはマッサージ用を目的とした商品であり、潤滑ゼリーとは違うものらしいです。「オカモトラバーズ研究所」より)



でもね、はっとしてしまったのです。



70%もの女性が痛いなんて!



もしやそれは・・・・



女性が十分に濡れる前に、挿れちゃうからじゃないの!?!?!?


そして女性は、それを言えずに我慢しているのではないか!?!?!?



私は、ヒジョーにビビビっときてしまいました!!!


全部が全部この理論に当てはまるとは思いません。
年齢的にも、体質的にも、いろいろな理由で濡れにくい方はいると思います。
長いことセックスをしていなかった方も、膣が硬くなり、痛みを感じる方もいるでしょう。
そして、そういう方のために、潤滑ゼリーがあり、それで助けられている方はたくさんいらっしゃいます。そういう商品を開発してくださって、本当にありがたいです(^_^)



でももし、この「ゆうか論」が当てはまる方がいるのであれば!
改善できますよ(^^)♡



男性主体のセックス、受け身のまま何も言わない、我慢するセックスをしていると、
こういうことも起こりがちですよね。



愛撫もそこそこ、少し濡れたからといって挿れる



これじゃ痛いの当たり前ですわ( *`ω´)!






私がお伝えしたいのは、
前戯の時間を長くとること
しっかり愛撫してもらって、十分に濡れること



これ、重要ですよ!



そして最重要なのが、
女性側がそうして欲しいと伝えること
なのです。



言わなければ、何も伝わらないし、何も変わらない。



だって、これで性交痛が和らげば、
大好きなパートナーとセックスを楽しめるのですよ!
たくさん愛し合えるのですよ!



うれしすぎる\( ˆoˆ )/!!!



大丈夫。
パートナーと普段から親密なコミュニケーションをとりましょうね。



言えるよ!
勇気を出して、伝えて!



応援しています♡




こちらもどうぞ♪